元ゲームプランナーの雑記帳

元ゲームプランナーがアニメやゲームの感想やら、ふと思った雑談を垂れ流すだけのブログです。

【考察】さらざんまい 第4皿とイクニ展レポを読んだ感想

やっとこさ4話視聴しました。

他の方がまとめられたイクニ展のレポも読んだので思いついた考察をぼちぼちまとめます。

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

 

 2話の花やしきデートではカズキはトオイに皿を譲りませんでした。しかし、今回は譲ろうとしました。 カズキの心情の変化はトオイの漏洩を見た事がキッカケでしょうか。同情した? カズキは内面描写が少ない上に常識がぶっ飛んだ行動が多いので何を考えてるか想像がつきません。

 

「僕はハルカが嫌いだ」

てっきりカズキが原因でハルカが歩けなくなったので希望の皿をでハルカの足を直そうとしてるのかと思ってました。 そして「嫌いだ」発言。とんでもない矛盾です。その矛盾を解消する説を思いつきました。

 

五次元。世界と世界が繋がる。並行世界説。

先日開催されたイクニ展で監督が多次元宇宙、五次元の話をよくしていたそうです。 四次元は縦横奥行の3点に時間を付け加えた世界です。五次元は時間軸が無数に存在する世界とされています。要は並行世界、パラレルワールドです。

物語にどう並行世界が関わってくるのか。手っ取り早く取り入れるのはキャラクターが世界線を移動することです。シュタインズゲートですね。

1話アバンで㋐の標識がカズキに落ちてきた場面。あそこでカズキは他の並行世界と繋がってしまい、本編の世界に移動してしまった。 つまり「ハルカが嫌いだ」は「(今の世界線にいる)ハルカが嫌いだ」になるのではないでしょうか。

それでも希望の皿をトオイに譲る理由はわかりませんが。

 

「でも、その繋がりは簡単に消えてしまう。僕はそのことを誰よりも知っている。僕は今度こそ、この繋がりを守らなくてはいけない。そのためなら何だってする。」

さらざんまい第1皿より 

 

「この繋がり」=元いた世界線のハルカとの繋がりでしょうか。

1話を見返すとカズキは「『あの子』と繋がりたい」と言っていました。ハルカとは言ってません。あの子とハルカは別人かもしれません。

また、監督は「春香にはぱっとみたインパクトがほしくて(略)」とも発言していたそうです。ハルカを印象に残るキャラクターにしたい=ハルカは重要キャラになります。

 

OPの演出

・主人公3人がカッパと歩いている場面。

カズキとエンタは左を向いて歩いていますがトオイだけがはこちら側を向いて歩いています。 輪るピングドラムのOPでも冠葉だけが別の方向へ走っている演出がありました。結果冠葉と晶馬は道を違えました。同じようにトオイもカズキ達と道を違える可能性ありますね。

ちなみに画面構成では左へ向かう動きは、普通や自然の流れ、または敗北や絶望を表現します。カズキとエンタの運命がどう転ぶのかも楽しみですね。

・カズキが水の中に落ち、エンタがバストアップで、トオイがクローズアップで出てくる場面。

後々カズキにとってトオイの方がエンタよりも重要になる可能性があります。 他にも色々ありますが、

 

とりあえずまとめきれた分だけ。

【考察】さらざんまい 第3皿

僕は一稀が好きだ

知ってた。

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

 

ジャック・ラカンの「ボロメオの結び目

 欲望を消化する場面で3つの輪が重なっている絵が出てきます。これは「ボロメオの結び目」と呼ばれ、精神分析ジャック・ラカンが自身の概念を説明する際に用いた図です。

 ラカンの概念こんなものがあります。

人間は誰しも万能感(ペニス)を持っている。

成長とともに様々な人間と関わり(父の名、又は掟)、己の限界を思い知る。

そして自分が万能である事を諦めるのだ。これを精神分析では去勢と呼びます。 

 はい、去勢です。カワウソイヤァの「去勢された負け犬ども」は火の玉ストレートで「ただの人間」と見て間違いないでしょう。

 また、ラカンは「人間の欲望は他者の欲望である」とも言っています。要は自分の欲望は言葉で他人の欲望の尺度に当てはめないと説明できない、つまり「欲望の根源は他者の欲望」って事になります。

 

 

希望の皿

 オープニングより一稀は春河、燕太は一稀、悠は誓、レオはマブのために希望の皿を求めているのでしょう。

 一稀は春河の足の治療が願いになりそうですね。燕太と悠も一稀や誓の願いを叶えるつもりでしょうか。

 まさに「欲望の根源は他者の欲望」です。希望の皿は欲望の象徴ですね。

 レオもマブのために希望の皿を求めていそうなんですよね。マブの心臓が機械っぽいのと何か関係ありそうです。カワウソ帝国の皇帝(?)と会話している時に「裏切るなよ」って念押されていましたし、主人公達側につく可能性が高そうです。

 

 

欲望を消化されると消えてしまう理由

 写真からだけではなく、人の記憶からも完全に消えていました。死ぬんじゃなくて消えるんですね。

 対象a'が消化されてボロメオの結び目が崩壊して消えてしまうとかですかね。うん、我ながら無理やりガバ考察です。

 

 

最後に

 Twitterを眺めるととんでもなく深い考察がたくさんありました。恥ずかしながら全然追いきれてません。

 芥川の河童、星の王子様、クイーンマブ、ロミオとジュリエット。このあたりが下地にありそうだそうです。誰かが言っていましたが正に「哲学のビックリ箱」ですね。

【考察】さらざんまい 第2皿

※この考察は4月22日に書いたものです。

最初に

 交番のデザインがおもいっきりカワウソでした。前回「カワウソ(キリッ」って言っていたのが恥ずかしい。 

   

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

 

 「未来は欲望を繋ぐものだけが手に入れれる」

  警察コンビの目的は未来を手に入れる事でしょうか。理由は不明です。 その手段が「欲望を繋ぐ」。「繋ぐ」は別の存在同士をくっつけたり結びつける事です。結びつけるものは場所でも気持ちでも構いません。一体何と欲望を繋ぐのでしょうか。こちらも不明です。 

 

カワウソイヤァ 

 ダンスの背後で土下座のピクトグラムを箱詰めにしてました。 その時の箱はカワウソが書かれていません。箱詰めの後にカワウソの押し印?しその箱がカパゾンビになりました。

 土下座のピクトグラムは搾取された欲望の象徴でしょうか。搾取した欲望を箱詰めして、カワウソの印を付ける事で欲望を肥大化させ、カパゾンビにしているように見えます。 

 

歌詞考察

 去勢された負け犬ども 牙を剥け
惰性で生きる虫ケラよ 身を焦がせ

  牙を剝け→敵意を露骨にあらわせ。危害を加えろ

  身を焦がせ→激しく募る恋慕の情に、もだえ苦しめ

  歌詞の前半は搾取した欲望に「カパソンビになって暴れちまいな」と煽ってる感じですね。

 我らが獲たもの ふたつの運命 
我らは似たもの ひとつの生命 

 「我ら」がカパゾンビと警察官コンビを指しているのであれば、「似たもの」より警察コンビ≒カパゾンビになります。

 「ふたつの運命」はまだ不明。

 

欲望の消化 

 欲望の消化は警察コンビの邪魔だそうです。 消化された欲望=希望は繋げないって事でしょうか。

 また、欲望消化すると写真から猫山が消えました。写っていた猫山は欲望が具現化したもので、消化されたから消えた?しかし実際にズルムケ事件は起こっています。よくわかりません。 

 

 搾取と消化

 はじまらない おわらない つながらない 
はじまらず、 おわらず、つながれない者たちよ。
 今1つの扉を開こう。

 ケッピが尻子玉を浄化するときに出てくる言葉と警察官コンビが搾取前に言っていたセリフです。

 警察コンビは「はじまらず、 おわらず、つながれない者」の欲望を搾取して解き放つ。

 ケッピがそれを浄化して「はじまらない おわらない つながらない」状態にする。
搾取と消化の関係も気になります。

 

 欲望と希望

 各言葉の意味を調べました。

  ・欲望→不足を感じてこれを満たそうと強く望むこと

 ・希望→あることが実現することを待ち望むこと

 欲望と希望はどちらも望む事です。 欲も希も望も全部「願う事」の意味があります。 希望も欲望もイメージの違いで根本は同じような気がするんだけどどうなんだろう。

 

 まとめ

矢逆一稀

欲望の対象:春河(弟)

繋がりが消えてしまう事を知っている→繋がりが消える体験をした事がある?

春河のためなら窃盗も厭わない倫理観のやばいやつ。 

久慈悠

欲望の対象:久慈誓(兄)

おそらく兄に認められたい。だから一稀が「春河のため」と言った時に自身と兄を重ねて猫を諦めた。

 陣内燕太

欲望も対象:OPの構図より矢逆一稀

矢逆一稀と一緒に部活をしていた。 陣内燕太の箱の中には矢逆一稀と同じミサンガが入っていた。

ホモかは置いといて主人公に特別な思いを持っている可能性がある。
  →ホモでした。 

ケッピ

目的:尻子玉の消化。

尻子玉は人間の欲望エネルギーを蓄積する臓器なので、欲望の消化ともいえる。

警察官コンビ

目的:欲望を繋いで未来を手に入れる。

手段:欲望の搾取。 

 

 哲学的ゾンビと行動的ゾンビまで波及してまとめきれなくなったり、消化と浄化を勘違いして漁っての方向に考察が吹っ飛んで行ったりして大変でした。欲望を浄化するってのでも面白い考察出来上がったんですけどね。 悔しいから別記事で供養します。

【考察】さらざんまい 第1皿

※この考察は4月19日に書いたものです。

 

遅らせながらさらざんまいを見ました。

衝撃が強すぎて何と表現すればいいのかわかりませんが、プリキュアまどマギシンフォギアとP5を悪魔合体させてホモを添えた脳な作品でした。

それ以上の感想が出ません。

  

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

続きを読む

【雑記】けものフレンズ2 リアル幼女の感想と個人的見解

けものフレンズ2は無事最終回を迎えましたね。 前にも触れましたが、うちの長女(7歳)は前作けものフレンズの大ファンで、11話でかばんちゃんが助かった場面では涙を流していました。 そんな長女にけものフレンズ2の感想を聞いてみました。

 

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

続きを読む